1人と2人は違う

blue bottle

セックスの経験が浅いことで早漏気味になってしまう人には、是非リドカインとダポキセチンの両方を試してみてほしいと思います。
まず、セックスの経験が浅くて一番困るのは直接的な刺激に慣れていないことです。
もちろん男性の場合は1人でオナニーをすることもあると思いますが、自分で意識して与える刺激と、
ふいに変化をつけながら与えられる刺激は全く違います。
オナニーをしている時は普通なのに、いざセックスするとなるといつも早漏気味になってしまう、という人もいるでしょう。
1人でオナニーをしている時は、無意識に射精しそうになると自分で力を緩めているんです。
自分が一番気持ちの良いタイミングで射精できるように調整しているんですね。
でも相手がいるセックスの場合、そういうわけにはいきません。
1人でオナニーをしている時なら、一度力を緩めて、射精感が治まってから再び刺激を与えるタイミングでも、
相手が急に膣を絞めてきてしまえば簡単に射精してしまいます。
そんな直接的な刺激に弱い人でも、リドカインという成分が配合されたスプレーやクリームを使えば、射精までの時間を延ばせます。
リドカインは局部麻酔にも使われている成分で、このリドカインを直接ペニスに塗布することで感覚を鈍らせることができるんです。
一時的に不感症にしてしまうわけですから、セックスとしての気持ち良さは半減してしまいますが、
女性を満足させることができるので、自信を持ったセックスができます。
ただ、使用する際には女性にリドカインの成分が付着してしまわないよう、必ずコンドームを着用して下さいね。